葛飾区伝統産業職人会

CEPA的視点
東京都葛飾区は、江戸時代、明治時代以来の伝統的な技を継承する多数の職人さんたちが現役で活躍する日本でも有数の地域です。葛飾区には、まだまだ江戸が息づいています。江戸小紋、江戸更紗、江戸切子、江戸型掘、江戸和竿、東京くみひも、印伝などの美しさを見ていると、使うということと美しいということが分かちがたく一体となっている道具のあり方に心打たれます。江戸から東京になってもうすぐ150年。明治以降「発展」や「進化」という迷信の下に切り捨ててきた優れた江戸文化と出会い直す時代が訪れつつあることを感じさせてくれるサイトです。
推薦者: 坂田
http://www.syokuninkai.com/
このサイトを訪問
pagetop